IMGP6190 「えびの高原キャンプ村」にやってきました(^3^)/

キャンプサイトはフラットなところもありますが、ほとんどは、えびの岳登山口、坂の周りにあります。IMGP6195駐車場からも少し離れているため、ここではリアカーで荷物を運ぶのがスタンダードです。IMGP6198 道は舗装されていますので見た目ほど大変ではありません。

車がサイトまで入ってこないし何度も往復しなくていいので予想以上に快適。IMGP6200草のフリーサイトとデッキサイトがあります。

夕方、小雨が来そうなのでテントをデッキサイトに設営。IMGP6209 横にタープを張ります。

これで雨が降っても大丈夫(^3^)vDSC_6339ここのキャンプ場は標高1200mあるのでとっても涼しいです。

100m上がると体感温度が0.6℃下がるといわれているので理屈では海抜から-7.2度低いはず。

お昼の1時で快適な温度、体感的には25度ぐらいでした。DSC_6343 夕方までバトミントンやサッカーで遊びます!IMGP6244めちゃくちゃ汗をかいたので、キャンプ村の温泉へ。

建物が古くて汚く感じましたが、脱衣所も清潔で湯船も源泉がじゃばじゃば出ていてあふれまくっています!

不潔な感じは全くありませんでした。

お湯がいいのでポッカポッカな上さっぱりです(^_^)

ちなみにキャンプ村隣の「えびの高原荘」では大人520円でワイルドでない温泉に入れます。IMGP6248 お腹がすいたので宴会の準備です。

まずは火をおこします。

薪を持ってきていたので炭の着火剤にしました。

井の字型に薪を組んでその中に新聞紙一枚をぎゅっと巻いたものをセット。

その上に炭を置きます。

これで新聞紙にちょっと火をつけるだけでOK!IMGP6251すぐに豪快に燃え上がります。IMGP625410分程度でいい感じのおき火に。2016-08-13 18.59.18 網が暖まったらー、お肉を乗せてー、宴会の始まりです!!

今回は竹炭を使っているので普通の炭よりも高温です。

お肉がサッといい感じ焼けていきます!

これがまた。。。何とも美味い(^3^)/DSC_6354 暗くなってきてランタンを忘れたのに気づいてヘッドランプで応急処置。

ヘッドランプにポリ袋をかぶせて膨らましたのと、麦茶の下にセットしたので代用。

あるもので乗り切るのもアウトドアの楽しみ(^3^)/DSC_6349 20年以上ぶりにカルアミルクの瓶を買ってしまいました。

牛乳3でカルア1だったかな~?と酔いちくれながら適当作ったのでめっちゃ甘い。。。アンド濃いアンド2杯目きつい。。。でも、美味い(^^;)

肉と酒でお腹ぱんぱんです(>_<)DSC_6355 夜はテント内でも寒いぐらいで寝袋をかけて寝ました。

朝6時頃目が覚めたのでゆっくりキャンプ村周りを散歩します。DSC_6359えびの高原ビジターセンター隣のお土産物屋の足湯。DSC_6358朝9時からなのですが、すでに源泉が出まくってました。

日によって違うのか、ここはちょっとぬるめようです。DSC_6360いつもの調子だったら目の前の韓国岳に登ってくるところですが、先月右のアキレス腱を痛めて完治までもうちょっとなのでここは大人になって我慢です・・・

最近の韓国岳の火口は水がたまっているらしく、8070126こんな感じだそうです∑(゚ω゚ノ)ノ

9月まで残ってるといいけど。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で