阿蘇牧羊犬倶楽部へ、行ってきました。

DSCN9805今回はサニちゃんと一緒に参加です。

DSCN9796まあ、久しぶりにドッグトレーニングの難しさを感じることになりました、楽しかったけどね(^^;)

ちょっと、まじめに書いてみると、個人的なドッグトレーニングの理解としては、

OLYMPUS DIGITAL CAMERAかなーり乱暴にいうと陽性トレーニング(褒めて伸ばす)が基本で、コマンドで何かをさせたら、報酬(フード、もしくはおもちゃなど)を払い、やってほしいこと、やってほしくないこと、人間との共生に必要なルールを覚えてもらう。

これによって、言葉は通じなくてもある程度意思の疎通ができるようになる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもちろん、愛情ありきだけどね。親と子の関係かな、うちは。

ルールを破ると罰もあるし、ある程度のプレッシャーもかけているので、一緒にいるときはほとんど困ることはない。

・・・・・・が、一緒にいないときはどうなのよ、フリーな状態は一見自由でいいようにみえるけど、

いつもなら、ボスが正しいコマンドを出してくれるし、困ってもボスの顔を見たら、何か合図くれるし、ボスのいうこと聞いていれば、いいこと(フード、遊びなど)あるし・・・ってな感じでしょ。

ボスがいない時は自分だけで考えないといけないから、結構不安だよね~、きっと。

これを子供の心理状態だとすると、ちょっとだけ自立させてあげるにはどうしたらいいのかなぁ?なんて、ドッグトレーニングの本を読むたびによく思ってた。

DSCN9800犬を人間として考えるのはよくないけど、うちは子育てと平行して犬を飼っているので、あえてうち流で考えてみると、

人は仕事をするようになって、自分で生活をするようになってから、社会的にも精神的にも自立していくよね。

そこまでなってとはいわないけど、犬も仕事をすることで、自信を持つことができないかな?

せめて、ボスと一緒にいないときでも、不安がちょっとでもへらないかな?

人間の幸せは自立した大人として成長して、初めて感じることができると思う。

だけど、犬の自立は野生のオオカミのような自立であって、人間と生活を共存することはできない。

ブリードされたイエイヌたちには、これは当てはまらないので、精神的に大人にすこしでもなっていけるトレーニングはないものかとずっと思ってたけど、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA牧羊犬の訓練が、犬の自立に当てはまるのかはわからないけど、ボーダーコリーの訓練は、ボーダーコリー?クリフには自然なはずなので、しばらく、挑戦してみよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAがんばろうね、クリフ(^o^)/UxェxU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で