わんこ×トレイルin鞍岳

鞍岳


鞍岳(1118m)は全国遊歩百選に選ばれている山。阿蘇外輪山の西端に位置し、頂上は男岳と女岳の双児峰で山麓の菊池市や大津町から眺めると馬の鞍のように見えるところが山名の由来です。

北東の尾根をたどるとツームシ山(1064m)があり、は「熊本ふるさとの森林鞍岳」として県が指定、なだらかな自然観察路周辺には高山植物、野鳥類も多く、ファミリー登山向けのオススメコースです。

登山口へのアプローチ


伏石登山口。
四季の里旭志キャンプ場を過ぎて少し登ったところにあります。
駐車場は道路右手側の広めの路肩に止めるようになっていて、8台ほど止められます。

Google Mapやカーナビでは「伏石登山口」は検索で出てきませんので、まずは「四季の里旭志」を検索し、そこから道なりに登っていき、キャンプ場を過ぎてすぐが左が登山口、その向かいが駐車場です。

レポート


梅雨の晴れ間をぬっての、わんこ×トレイル。
熊本菊池の鞍岳に行ってきました。
わんこ2頭、人3名のパーティー。
3人共、トータルフィットネスB-LABの仲間で、STAY HOMEでガタガタになった身体をリハビリ中、筋肉痛登山です。

伏石登山口584mから入山、女岳分岐を経由して、森林コースから鞍岳男岳1117.9mを目指します。
女岳分岐までは、トレイルの左側に舗装された森林整備道が通っています。
コースタイムを稼ぐ場合は、整備道を使うと速そうです。

森林コースから、徐々に傾斜が上がっていきます。
後半の左側、地図でいうと北面は、ずいぶん削れています。

稜線に出る手前にロープ場。
ロープ場を越えてすぐの左側が崩れて狭くなっている所がありますので、気をつけてクリアしましょう。

登りきったところにお堂が出現。
字がかすれてよく読めなかったので、帰って調べると馬頭観音とのこと。

馬頭観音
動物達の守護仏であり、怒りの形相で悪を粉砕する観音菩薩

https://www.butuzou-world.com/dictionary/bosatsu/batoukannon/

動物の神様なんですね。
わんこ×トレイルにピッタリU^ェ^U

馬頭観音分岐から右へ、山頂を右手にグルッと巻いて山頂へ。

山頂に到着!

山頂は、ガスで強風!
すごい険しい山に来たみたいになって、ちょっと楽しい(^^)

風を避けるために、女岳側でお昼にします。

今日の献立は、
・お餅のスモークチーズ海苔巻き砂糖醤油
・豆乳ポタージュハーブ入り
・ロイヤルミルクティー

笹がもじゃもじゃでワイルドクッキングでした。

女岳山頂手前の展望台。
ツームシ山が見えます。
地図で見るよりかなり近い!
コースタイムが行き40分、帰り50分となってますが、そんなにかかるかな?
次回、時間あるときに行ってみます。

女岳山頂。
トレイルの途中にぽつんとあります。

今回は霞んでましたが、鞍岳男岳、女岳ともに開放感のある展望です。
下山は、女岳コース、南側のルートで女岳分岐へ。そこから整備道を使って下りました。

森林コース、女岳コースともに山頂付近は、急斜面のロープ場が多いです。
ロープはしっかりしてますが、転倒滑落には十分ご注意ください。

※ 同伴の犬たちは十分な訓練を受けています。必要な装備を携帯しての登山です。安易な気持ちでの犬同伴は危険です。ご注意ください。

※ 犬連れ登山にご興味のある方は、「愛犬と歩く低山ハイク|わんこ×トレイル」FBページか、当HP“CONTACT”からお問い合わせください。

GPSなどの詳細はYAMAPにも掲載しています。

コースの確認はこちらからどうぞ
▶▶▶

おまけ


下山後は、前から行ってみたかった菊池渓谷へ。

いつ行っても多くて駐車場に止められれずスルーしてましたが、やっと観光することができました。
人も少なく豪快な水量の渓流をのんびり堪能できました。

観光するなら、今がチャンスかもしれません。

※ 菊池渓谷は犬と同伴はできません。車で待機となります。

「イエイヌに生まれ変わっても幸せ」な世の中に近づけるよう奮闘中。 愛犬クリフと共に西に東に走り回っています。 クリフチャンネル株式会社代表。IT事業、飲食事業を営む。 わんこ×トレイルを通じて、「犬との生活は人生を変える!」を伝えたい。