子猫の保護その1=x_x=∑(‘ω’ノ)ノ

11月19日の20時頃、友人と犬連れランニング中にししぶ駅前で子猫を保護しました。

歩道の真ん中でまん丸くなって寒さに耐えてじっとしてた白い子猫。

一見ポリ袋に見えて危うく踏むところでした。

抱き上げてみると右前足がブラーンとしていて右後ろ足も動きが悪い・・・

脊髄損傷の可能性もあってこれは助けられないかもしれないと思いました。

そっと地面に戻してどうするか考えていると、

子猫がおもむろに足に飛びついてきました!

それも2回も!!

一生懸命鳴きながら!!!

生きようとしているなら助けないわけにはいかないでしょっ!(,,゚Д゚)ガンガレ

かみさんに連絡して車で迎えに来てもらいます。

寒そうなのでだっこして待ちます、肉球を触ると冷たく低体温を起こしているようです。

ウィンドブレーカーでくるみコンビニでミルクとお湯をもらい舐めさせます。

弱々しいながらも必死に舐めて指をかみます!がんばれ!

友人が不意に思いついて初めて通ったコース。

まるでこの子が呼んだような気がしています。

家に連れて帰ると身体を拭いて出血がないか確認。

右上腕骨の粉砕骨折、手のひらが半分ちぎれていて右後ろ足も動きが悪い。

とにかく加温して子猫用ミルクと離乳食を与えます。

一生懸命食べてます。

よかった、とりあえず食べてくれたので何とかなるでしょう。

明日、朝一番で病院です。

今晩は湯たんぽを入れたゲージで寝かせます。

「イエイヌに生まれ変わっても幸せ」な世の中に近づけるよう奮闘中。 愛犬クリフと共に西に東に走り回っています。 クリフチャンネル株式会社代表。IT事業、飲食事業を営む。 わんこ×トレイルを通じて、「犬との生活は人生を変える!」を伝えたい。

2件のコメント

  1.  いつでも里親・・に掲載した後、ふとこのブログを見ました。福津市在住です。私も福岡に来て40年、ずっと里親探しをやっています。当時は里親探しをしている者など4~名しかいませんでした。
     今はこうして多くの若い方々が保護したり病院に連れて行ったりして、頼もしい限りです。つい当時の事を思い出しました。3人の男の子の母親ですが息子たちの何倍も医療費がかかりました。市内のノラを捕獲しては避妊手術をしました。私だけでなく多くの(猫おばさん)達が頑張って、最近は捨てられている子猫がずいぶん減った実感があります。今は(桜猫クリニック)の藤田先生に(ご存じでしょうが)メスで9000円です。
     猫の話になるとついつい長くなります。申し訳ありません。
     時々、ブログのぞかせてください。
    今回の白猫ちゃん、外傷が治って体力がついて優しい里親さんに貰われたらいいですね。
     大丈夫!食べる仔は内臓疾患がなさそうなのできっと丈夫にきれいになります。

  2. プリンセスさん、コメントありがとうございます。
    大変な苦労をされてきたんですね、頭が下がります。
    正直お話しさせてもらうと積極的な保護活動はしていません。7年ほど前、犬を飼い始めた頃、おつきあいさせていただいた方が保護ボランティアをされていて、いい人だったのですがどんどん保護するものですから経済的に行き詰まってしまいました。保護活動は本当に体力だけでなく経済的に負担が大きいと感じました。
    正直おこがましいのですが、目に映るすべての犬猫たちを助けたいです。
    しかし、自分の力はたかがしれています。ですので、確実に助けられる子だけしっかり助ける。この考えで偶然出会ってしまった子や知人が保護した子などの手伝いをしています。
    プリンセスさんのようにがんばってこられた方に激励をいただくと、とても恥ずかしく感じてしまいます。
    つたない保護活動ですが温かく見守ってやってください。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    桜猫クリニックはどこでやっているのでしょうか?
    避妊費用がとても安いですね。よかったら教えてください。

コメントはできません。